まもなく大学生

  • 2011/03/02(水) 17:33:12

投稿:Linoal

まもなく大学生だからと、
私はファッションの基礎知識を調べた。

結果、学校で指導する規則と社会の常識が全く異なる事に唖然とした。


中学校では、身だしなみに関し以下の指導があった。

・ソックスは白が良い
・眉毛は手入れするべきではない
・ヘアワックスを使ってはいけない
・デオドランド製品は用いるべきではない

ところが、社会にはこれらと全く異なる以下の常識があった。

・白のソックスは履くべきではない。
 特に、スーツと白ソックスの組み合わせは最悪である。
・眉毛の手入れは身だしなみとして重要である
・髪のおしゃれは、職種によっては許され、同僚に好感を与える要素の一つである。
 (ただし、お客や取引先に対しては必ずしも好感を与えるわけではない。)
・汗臭さは相手に不快感を与えるため、デオドランド製品を用いるべきである


つまり、学校は全くの嘘を指導していた。
社会人になって、学校の教えに真面目に従うほどに
常識外れとみなされる矛盾。

正直、裏切られたと思った。

(注:もちろん福島高校ではこのような馬鹿げた身だしなみ指導はないが、
 この学校なら許されるが実際は良くない事だと私は思っていた。)

中学教師をあざ笑うかのように
堂々とデオドランドスプレーを用い、色のついたソックスを履いた人が
正しい人だったんだと思うとやりきれなくなった。

そこで、私は思ったのだ。
身だしなみ指導に反した 『正しい』 人たちは、
 「規則なんて破ったほうがより良く生きることができる」
と学んだに違いない。
規則自体が誤りなのだから。


学校の無駄な規則が生徒たちに教えるのは、
協調性でも社会性でもない。
むしろ、規則を守った事への後悔と、
規則を破ることへの快楽を植え付ける。

そんな矛盾した学校社会を、私は許さない。


(そういう訳で、福島高校のリベラリズムは正しいと言えるだろう。
 しかし、未だに数多くの高校では無駄な規則が存在する。
 そのような学校社会は不合理であり、即刻解体されるべきである。)

続きを読む

タイトルなし

  • 2011/02/07(月) 18:24:05

投稿:Linoal

明治大学から帰還なう。

新宿で調子に乗って
あちこち歩き回り、
そのくせホテルでよく寝れなくて、
受験前から疲労感。
試験に差し支えたかもしれません。

教訓:
観光しない。
早く寝る。

今年の明治大学では物理が難化、
化学を選んだ人が有利になったみたいです。
なんで分かるかって、
解答速報掲示板で
「物理死亡」「物理を諦めて化学にしたら簡単すぎワラタ」
という発言が殺到。
かくいう私は自信を持って物理に挑み(絶対解けると思ってた)、
後で「物理で死亡」と書き込む事態になったわけですが。

ぱっと見で「こりゃ難すぎる」と見破る眼力があれば、
さっさと化学に転換できたのかな。

というわけで、
「問題の難易を即座に見抜く力」
って大事かもしれません。


理科大確保

  • 2011/02/06(日) 11:30:23

投稿:Linoal

理科大、理工学部を受けました。

解きながら「まあまあ出来てるな」と手応えを感じていました。
最後の科目の最後の大問に取り掛かるまでは。

最後の大問:
物理 大問3

気体の状態変化について、以下の問に答えよ。
(中略)ボルツマン定数をkBとする。

え?ボルツマン?どなた? (°□°;)

定数定義の説明は…ない。

見ると(1)の選択肢には kB が用いられ、
(3)、(4)の問題文にも kB の文字。

ぜ…全然分からん(°□°;)

後でウィキペディアを見たところ R=Nk という公式があるそうですが、そんなのを使った記憶はございません。

まあ(1)は状態方程式や内部エネルギーの公式をちょっと変形するだけみたいだったので、
知っている公式に近い選択肢を苦し紛れに選び、
残りは全部「3」をマーク。それで3箇所だけ当てる。
あとは最後の大問の配点が低めだった事(25点満点だった)、
大問3を放棄した時間を使って他の難問の正解に何とかこぎつけた事が手伝って、
致命傷には至らなかったようです。(結局65点くらい)
ヒヤっとしました。

教訓:
諦めなくて良かった!


センター完了

  • 2011/01/17(月) 15:00:05

投稿:Linoal



センター試験完了しました!!


おかげさまで物理90点超えました。
他の理系科目もだいたい
8割とれました。

が、古典
42点/100
採点した時は死んだかと思った。

てなわけで、旧帝大志願のくせに全体8割届きませんでしたー。がっくし。
77.5%という結果が悪いのか、それともそんなに悪くないのか、
もうしばらく待てば調査結果が出てくることでしょう。




さて、来年以降に試験を受ける人たちのために、
学校ではあんまり聞けない
センター豆知識を書いておきましょう。



・ 先生の言う 「シャーペン持ち込み不可です」 は嘘

受験生に配られる 「受験上の注意」 という冊子では、
「受験中 机の上に置けるもの」 の中に 「メモ用のシャープペンシル」が明示されています。
数学で細かい計算をするのに太い鉛筆だと不便ですから、
当日シャーペンは必須です。
ただし、マークには鉛筆を使いましょう。(シャーペンだと読み取れない事がある)
ちなみに目薬も試験中使えます。


・ リスニングで使うイヤホンは受験生が持ち帰る

リスニングで配られる物は、ICプレイヤー、音声データの入ったSDカード、そしてイヤホンです。
試験終了後に回収される物はICプレイヤーとSDカード。
そして受験生が持ち帰る物は SDカードの保護ケース、ICプレイヤーの袋、そしてイヤホンです。
意外ですけど持ち帰りましょう。


・ 試験前に、受験票に貼ってある写真の上に
  保護シールみたいなやつを貼る作業をする。


透明な保護シールみたいなやつで、小さい字で「大学入試センター」と書かれています。
受験票の波線に合わせて貼ります。(初回のみ)
何でこんな事をするんでしょうねぇ?
偽装防止かな?



・ (試験会場が福島大学の場合)チャイムがおかしい。

チャイムが鳴るタイミングは入室時間終了の5分前と、試験開始時、終了時です。
チャイムというのは、電子音のメロディーです。
あんな電子音に試験の終了を告げられたくはなかった。


・1科目の試験をするたびに、
 試験官が受験場の注意(毎回同じ)を読み上げる。


これには15分かかります。
1科目毎にですよ?
15分も待たされて、同じ注意事項を聞かされる。それも何度も。
しんどかった。
まぁでも破ったら 即刻退場 または 0点ですから、
おとなしく聞くしかないんでしょうねぇ。
しかし、試験官は肝心なことを警告してくれません。
<問題冊子に複数の試験科目があるから、回答科目を間違えてはいけない。>
何故かこれだけ言わないんですよ。
数I と数IAを間違ったらどうすんだっての、まったく。


・「休み時間に友人と話したい」と思う人は、
 あらかじめ集合場所を決めておくと良い。


当日、皆は携帯の電源を切ってますからね。
試験の教室が別になれば、「あれ?あいつ何処へ行った?」ってなること必至です。
試験場が大学であれば、集合場所としては学食がお勧めです。
ただし、受験票を持たないと再入場できない事、
それから入室時間を守ることには
注意を払ってください。





2011年

  • 2011/01/04(火) 08:23:23

投稿:Linoal

さて、暗い記事をトップにしといたまま放置しちゃって
すみませんでした。

と、
あけましておめでとうございます。
2011年ですね。

センター11日前でありながら、
センターよりも二次対策をしたいこの心境はどうなんでしょう。
まぁバランスが大事、と。

受験生の皆さんは、やるだけやって望みましょう!

受験生でない方は
「今から受験対策なんて・・・」
と思われているかもしれませんが、
大丈夫です。(嫌でも)すぐ終わりますから。

それでは、健闘して参ります。