自殺大国日本

  • 2010/10/27(水) 22:12:04

投稿:Linoal

去年の自殺者数は32845人です。
1日あたり90人が自らを殺しています。

そして先日、小6女児が首吊り自殺したと報道されました。

つまり、
自殺は子供からお年寄りまでポピュラーになっています。

…表現が不謹慎だと思いますか?
でも報道やデータを見る限りでは事実に相違ありません。

今回の報道もまた胸くそ悪いもので、
イジメという手法で人を殺したクラスメートや教育関係者がのうのうと葬儀に参加。他人事のように「安らかに眠って欲しい」と弔辞を述べる児童。殺したのはお前らだろ?罪の意識はどこへ行った?

学校に限らず、社会は誰かを排除、排除。

評論で「一度弱者になると復帰できないシステムが問題」とはよく言われるけれど、

弱者じゃなくても理由をこじつけて、社会から排除、排除。

排除された人は、
復帰できない、辛い、泣きたい、鬱だ、死のう。バタリ。

だから、
社会が人を排除するシステムは、無差別殺人に等しいです。

増えるニート、引きこもり、鬱、自殺。
この人たちは、健常な人たちが社会で生きてる過程で蹴落とした人。
つまり、健常者の産物でもあります。

なのに、人は罪悪感を感じ被排除者を憐れむどころか、罪を被排除者に一方的に押し付ける。

私は、そんな社会を許せません。

・・・なんて事を考えながら今日も勉強しているんですけどね。
社会を憎むのに社会システムに従っている自分にもイライラしますが、ここで得るもので将来社会システムを少しでも改善することができるのなら。