まもなく大学生

  • 2011/03/02(水) 17:33:12

投稿:Linoal

まもなく大学生だからと、
私はファッションの基礎知識を調べた。

結果、学校で指導する規則と社会の常識が全く異なる事に唖然とした。


中学校では、身だしなみに関し以下の指導があった。

・ソックスは白が良い
・眉毛は手入れするべきではない
・ヘアワックスを使ってはいけない
・デオドランド製品は用いるべきではない

ところが、社会にはこれらと全く異なる以下の常識があった。

・白のソックスは履くべきではない。
 特に、スーツと白ソックスの組み合わせは最悪である。
・眉毛の手入れは身だしなみとして重要である
・髪のおしゃれは、職種によっては許され、同僚に好感を与える要素の一つである。
 (ただし、お客や取引先に対しては必ずしも好感を与えるわけではない。)
・汗臭さは相手に不快感を与えるため、デオドランド製品を用いるべきである


つまり、学校は全くの嘘を指導していた。
社会人になって、学校の教えに真面目に従うほどに
常識外れとみなされる矛盾。

正直、裏切られたと思った。

(注:もちろん福島高校ではこのような馬鹿げた身だしなみ指導はないが、
 この学校なら許されるが実際は良くない事だと私は思っていた。)

中学教師をあざ笑うかのように
堂々とデオドランドスプレーを用い、色のついたソックスを履いた人が
正しい人だったんだと思うとやりきれなくなった。

そこで、私は思ったのだ。
身だしなみ指導に反した 『正しい』 人たちは、
 「規則なんて破ったほうがより良く生きることができる」
と学んだに違いない。
規則自体が誤りなのだから。


学校の無駄な規則が生徒たちに教えるのは、
協調性でも社会性でもない。
むしろ、規則を守った事への後悔と、
規則を破ることへの快楽を植え付ける。

そんな矛盾した学校社会を、私は許さない。


(そういう訳で、福島高校のリベラリズムは正しいと言えるだろう。
 しかし、未だに数多くの高校では無駄な規則が存在する。
 そのような学校社会は不合理であり、即刻解体されるべきである。)

追記:
どうしてこんな事を書いたのかと言うと、
ただ説得力のある文章を書きたかったんですよ。
自分の学校社会に対する感情を誇張して表現させていただきましたっと。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集

『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目で働く意欲のある方は驚くほど稼げますよ☆まずはお気軽にお問い合わせください。

free online dating

Lately, I didn’t give a great deal of consideration to leaving feedback on weblog page posts and also have placed feedback even substantially less.

グッチ 財布

Attractive section of content. I just stumbled upon your web site and in accession capital to assert that I get actually enjoyed account your blog posts. Any way I’ll be subscribing to your augment and even I achievement you access consistently quickly.

gucci 財布

ブツリ班ブログ まもなく大学生

クロムハーツ ネックレス

ブツリ班ブログ まもなく大学生

クロムハーツ 通販

I されていないのためにここでチェックしばらく 理由私はそれが退屈になっていたと思ったが、最後の少数 偉大な良い投稿です品質私が推測するように私! ??| bloglist私日常日常に戻り追加。友人:) |あなたは私のをそれに値する

クロムハーツ 財布

こんにちはそこには、単に意識となったグーグルを通して、あなたのブログ、とことがわかったそれはだ |有益本当に本当に 。 私は に行くはブリュッセルに気を付ける。 私は意志 感謝するあなたは将来これを継続している場合。 数多くの多く人々あなたの文章から恩恵を受けられます。乾杯。

ニューバランス 574

あり明らかに A 束から実現これについて。 I 信じるまた機能に| 素敵良い点は を作りました。

ニューバランス 996

私は本当に 本当にこの記事を感謝しています。私はビングにそれを見つけた良さをありがとうございます。 あなたが持っている私の一日行わ。

シャネル 財布 2013 新作 公式

I 保つを聴い噂 講演約受信 無限をオンライン助成金申請、私が探しまわってきたので、 トップサイトは、1つを取得します。私にしてください、できたI 見つけるいくつ? |あなたはアドバイスを教えてくれでした

この記事に対するコメント

お、なかなか痛いところをついてきましたな。少し回答いたしましょう。
スーツに白い靴下は、私もよくやっていました。最近は黒にしましたが…
ただ、学生服には合わないんじゃないか、と思います。
いわゆる服装規定は悩ましいところなんですが、学校は訓練の場所だと思います。
結局フォーマルな場でどのような恰好をするか、という。
今の社会は多様性に富んでいます。当然人それぞれなところはありますが、やはり守るべき一線はあると思います。
それが訓練の場という意味合いと合わさり、厳しい指導になっていると感じます。
いささか説得力に欠きますね…ただ、学校という集団において必要なルールかと。汎用性の高い、ね。

  • 投稿者: POM
  • URL
  • 2011/03/03(木) 21:21:49
  • [編集]

>POM

いくら訓練という意味があろうとも、
将来的に必要になる物を全面否定するようでは
効率的な教育とはいえません。

「用いるべきシーンがある」という前提に立ち、
ではどのように用いるべきかを考えさせるのが
社会の現状に即した教育です。

例えばデオドランド製品なら

 「スプレータイプでは周りの人が咳き込んで迷惑になるからNG」
 「香りのあるタイプを複数の人間が使うと、香りが混ざって不快になるからNG」

というデメリットを押さえた上で、
どう用いるべきかを考えるならば

 「スプレータイプは屋外で用いる」
 「無香性にする」

のであれば問題ない。

このように、
「全部ダメ」ではなく「用いるとしたら何がダメ」を制定した方が
用いるべき時、ダメな時を判断できる人間を育てることが出来るはずです。

なるほどね。後はそれを理解させる方法と時間の問題だよね。
来年度はやはりああなりそうなので、参考にさせていただきます。
そういえば前期の発表は出たのかな?

  • 投稿者: POM
  • URL
  • 2011/03/07(月) 17:23:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する